ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

私の身体のカルテ

月に一度は自分の頭から手足の先までの全身を

見て触って、自身のカルテを書いている。
e0296346_19205764.jpg

抗がん治療で入院中も

「あれっ、何かヘン?なんか違う!ちょっとラク!・・・」

感じた時には小さな変化でも日付・時間と共に書いて

看護師さんや主治医に伝えるようにしていた。

(私は忘れっぽいので書くようにしている・・・笑)


その時の体調でできる範囲で

定期的に自分のカラダ全体を見直すことで

痛みやだるさの原因に気づけたりする。

例えば、毎日使っているマクラが高いために

首が凝り固まってしまったことで

目が見えづらくなったり

頭痛や耳鳴りがしたり

肌色がくすんだり肌荒れしたり

食欲が低下したり、眠れなかったり・・・!

これらを病気のせい!治療の副作用だから!と

放っておくと病気を応援してしまう!

全身を見直しながら

生活も少しずつ工夫して見直すようにしている。



9月21日

いつものように、このセルフカルテをベースに

セラピストの師匠と話し合ってから

全身トリートメントを受けた時、

腕の付け根から肩、首の施術を

していただいている間に

右足と右腕の感覚の鈍さが

まるで雨が降り出す前のような重い雲が

サ~~~っと消え始めたかように


軽くすっきりしてきた!

重たかった頭も軽くなって、ひと回り小さくなった!


は、わずかでも不要な水分が除去できなかったり

全身のどこかが滞ってしまっていることで

大事な酸素や血液を運びづらくなってしまう感じ!

施術中に頭の中の窮屈感から解放された時に

脳の部分部分に欲しかった栄養が入り始めたような

サラサラ感があって、それと同時くらいに

右の腕、脚と指にもサラサラ感があった!!

そして目がぱっちり開いて良く見えるようになり

同じ照明なのに明るくなった感じた!

強張った筋肉が働けるようになって

内臓や骨格をしっかり支えられるようになり

胸骨も柔軟に開くようになって呼吸が深くなり

肌色がきれいになり

見た目にガリガリ感があった手足や胴体に

丸みと、くびれが出てきれいな形になった!


月に一度

身体をサポートするセラピストとセルフカルテをベースに

しっかり現状と向かい合って

浅いことから深い不調にトリートメントを受けて

一か月間の不調をできるだけ改善したり

改善できる身体力にして

不調をなるべく持ち越さないことが

治る身体になる大事なことだと実感している。


日本の病院もイギリスの国立ガンセンターのように

身体をサポートできるセラピストと繋がって

患者さんのケアができるように早くなってほしいな。

by teima-rumine-ne | 2014-09-21 21:22 | 10)医師、セラピストと連係治癒