ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

天然の蜜ロウで美肌クリーム作り

抗がん治療後には肌のケアが大事だった。
e0296346_17545965.jpg

この手作りクリームで肌のケアをしてきたことで

しっとり柔らかでハリもある肌をキープできている!

(食、運動、睡眠も大事)

これでケアしてなかったら今頃きっとカサカサ、シワシワかも!

抗がん治療後は肌が急に弱くなって炎症を起こしやすかったり

カサカサに乾燥して粉をふいていた!!

子宮、卵巣を全て摘出した後も更年期の肌の症状が出なかった!

特に治療前後は入浴かシャワー後に

顔、頭、首そして手足の指先から全体、お腹、背中と

手が届くところに塗り込んでケアしたことが良かった感じがする。


手作りに大事なことは食と同様に

自分の肌を元気にする質のいい材料を使うこと!

天然ミツロウで美肌クリームの作り方

<材料>

蜜ロウ(ビーズワックス)・・・4g
*私はネパール産を使っている

杏仁オイルorホホバオイル・・・40ml

精油・・・0~1滴以下(0,05ml以下)
*ラベンダー(カシミール産)

 キャリアオイル 精油
  http://phytoaroma.ocnk.net/

  私が愛用している
  ネパール産の蜜ロウを使う場合は

  蜜ロウ : キャリアオイル(植物油)が

  約  : 10 (気温が高い時期は約 1 : 8 )

  東急ハンズやアロマテラピー専門店で購入できる
  粒状の蜜ロウを使う場合は

  約 1 : 5 (気温が高い時期は約 1 : 4 )

  を目安にしている

  *クリームは、やや固めに作って、後からキャリアオイルを
   少しずつ足して混ぜて、好みのクリーム状にしてもOK


<作り方>

*使う道具や容器は煮沸か無水エタノールで消毒しておく
  (ティッシュペーパーに無水エタノールをつけて拭く)
*清潔な場所で作る

1)耐熱ビーカーに杏仁オイルと蜜ロウを入れて

 蜜ロウが溶けるまで湯煎する
e0296346_1831534.jpg

2)溶けた蜜ロウと杏仁オイルをスプーンで混ぜてから

 熱いうちにクリーム容器に移して

 少し冷めて白くなり始めたら

 スプーンで丁寧に混ぜることを

 完全に冷めるまで繰り返す

*湯煎からビーカーを取り出す時から

 火傷をしないようにグローブをする
e0296346_18454950.jpg

3)きれいなクリーム状になったらできあがり

*あえて防腐剤や安定剤は入れないので

 すぐにフタを閉じるようにして

 自己管理で一か月以内に使い切るようにしている

*治療後や体調がすぐれない時などは

 いつもより肌が敏感になる場合もあるので

 パッチテストが必要

*精油は大量のハーブを水蒸気蒸留法などで抽出した

 濃縮液なので入れ過ぎると肌に負担がかかる

 大自然の大きな力を持つ精油(生きる力がある精油)は

 一滴だけでじゅうぶんに作用してくれる

*作ったものをプレゼントしたり販売することは

 薬事法で禁じられている

*自己責任で材料を選んで、作って、使ってきれいに♡♡♡

セラピスト ルミ姉



ネパールの蜜ロウ
e0296346_19541637.jpg

この固まりを耐熱の深皿に入れて

弱火でゆっくり湯煎して溶かしたら

*火傷をしないように!

リードクッキングッペーパーを3枚重ねて

その上から濾すように

オーブンペーパーを敷いた耐熱の深い器に流し入れて

巾着上のペーパーを箸で上から下へと挟んでぎゅ~っと絞る

濾したきれいな蜜ロウが

オーブンペーパーの上で冷えて固まったら使える
e0296346_209335.jpg

200gの固まりから156gできた!
e0296346_2032283.jpg



































 
[PR]
by teima-rumine-ne | 2014-04-12 20:37 | 22)私のライフワーク