ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

辛さ(ストレス)も味方にしちゃった♡

ガンの治療が始まってから

次から次へと起きた現実は厳しく辛かったけど

その症状や治療、副作用、不安や恐怖に対しての

受け入れ方を少しずつ転換したことがいい感じだった。

以前は

辛いこと⇒ストレス⇒身体と心に負担、不安

と考えたけど

こうなったらストレスも味方にしよう~と思って

辛いこと⇒ストレス⇒身体と心にいいこと

と考え方、とらえ方を転換した。

そう、全ては身体や心が

ちゃんと反応してくれているということだから


辛い症状が出たところや

精神的なことであれば心に手をあてて

反応してくれて「ありがとう」と言うようにした。

かなり厳しい状態でも「ありがとう」はできた。

そして「ありがとう」がいつの間にか無意識になった。

(辛いことを無理に忘れようとしたり、考えないようにするのではなく

 単純に「はい、ありがとう」と思うだけでいい)

「辛いよ~」と感じる時に

「はい、ありがとう」と捉えるようになったら

以前よりも落ち着く感じになった。

「ストレスは病気の原因になる」という

自分に着いていた枠を捨ててスッキリした。

自己治癒力も上がった実感あり!



抗がん剤治療で入院中に

同じ病室だった患者さんが

「足が冷たくてね~~~」「尿がなかなか出ないのよ」と

落ち込んでいらしたので

足が冷たいってことは

 足を温めてくださいってメッセージをもらえているんだから

 身体の力がしっかりあるってことだと思いますよ。

 「メッセージを出してくれて、ありがとう」って足に伝えながら

 指先から優しくさすってあげるといい気がします。」

と話したら「いつも、さすってるんだけど変わらないんですよ」

とおっしゃったけど、

一時間後くらいだったか

「なんだか足がじわじわと温かくなってきました!」

と驚いていた。

そして「尿が出ましたよ」と!!

よかった~。

辛さの捉え方を変えただけで身体と心の緊張が緩んで

血流も改善したようで顔色も表情も良くなった!!

私もうれしかった。


[PR]
by teima-rumine-ne | 2014-04-10 18:48 | 5)抗がん治療の副作用軽減手立て