ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

コーヒーセラピー

10月16日(快晴!)058.gif戸隠キャンプ場

朝陽が上がるまではとても寒かったので

たき火で温まった。

朝食を食べ終わった頃には

背中に太陽が当たって

ぽかぽかと気持ちいい感じで

うとうとしながら目の前の紅葉を眺めていた。
e0296346_11434625.jpg

夫は、たき火に薪をくべて

うれしそうに、コーヒーの生豆を焙煎していた。
e0296346_114652100.jpg

シャカシャカ~~060.gif
e0296346_1147719.jpg

いい色に焼けたね~!

(アウトドア達人の友人エイさんが作ってくれた焙煎器を愛用)
e0296346_11472133.jpg

10月17日(快晴!)058.gif

焙煎して一日寝かせたコーヒー豆をミルでガリガリ060.gifと引いて

戸隠の天然水を沸かしてドリップしてくれた。
e0296346_11495312.jpg

いい香りで美味しかった~!

こういう時間がとても贅沢だと思う。

心と身体が大喜び!

常にガンの転移や再発の不安があって

身体にはストレスがかかり続けてしまいがち!

交感神経が優位になりっ放しで疲労して弱ってしまう!

こうやって、自然の中でのんびりしたり

公園に行って歩いたり、絵を描いたり

カフェでハーブティを飲んだり、温泉に入ったり

お花を飾ったり、絵本を読んだり、

畑で野菜を作ったり、スポーツをしたり

もの作りをしたり、映画を観たり

好きな音楽を聞いたり、アロマテラピーをしたり・・・

その時の体調やお財布に無理のない範囲で

ガンの不安から放れるように工夫することが大事だと実感!



   

コーヒーの健康効果

1日3杯程度であれば、様々な健康効果がある。

コーヒーにはナイアシンを含むビタミンB群が含まれている。

トリゴネリン、有機酸、遊離脂肪酸、たんぱく質

(カフェイン、タンニンなど)もある。

コーヒーは心臓の働きを促し、血行をよくするため

全身に酸素が行き渡り、脳の働きが活発になり(覚醒作用)

皮膚がきれいになる美肌効果もある。

また腎臓の働きを刺激し、利尿を促進する。

新陳代謝も促進させ、老廃物を体外に排出する作用がある。

代謝が促進されることで身体の疲労回復の効果もあり

副交感神経を刺激する為、自律神経のバランスを保ち

頭脳労働の疲労にも効果が ある。

コーヒーを運動の30分前に飲めば

脂肪を分解しエネルギーに変える働きにより

ダイエットに効果的!(←ブラックコーヒー)

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は

発がん性物質ニトロアミンの生成を阻止する働きがあるため

がん予防の効果も期待できる。

コーヒーを1日に5杯以上飲む人は、

ほとんど飲まない人と比較して肝臓がんの発病リスクが4分の1

であるという厚生労働省研究班の調査結果から

コーヒーの肝臓がん予防についても研究がなされている。

カフェインは胃液の分泌を促し、胃の働きを促進させる効果がある。

消化を助け、胃がもたれにくく なることから食後の一杯が良い効果を出す。

ただし、コーヒーは鉄分の吸収を悪くしてしまうので

貧血気味の人は飲みすぎに気を付けたい。

善玉コレステロールを増やす働きがあるため

動脈硬化予防に役立つのではないかという研究が進められている。

[PR]
by teima-rumine-ne | 2012-10-25 12:55 | 8)自然療法の引出し