ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

豆腐生姜みたらし団子作り

9月30日は中秋の名月!001.gif

   お月見といえば・・・お団子を作った!
e0296346_2165594.jpg

  
   豆腐生姜みたらし団子作り

  <お団子の材料> (24個分)

   白玉粉・・・250g

   絹ごし豆腐・・・240g(大豆が濃いお豆腐を使うとより美味しい)

   煎った米ぬか・・・10g

   自家製の生姜ジャム・・・大さじ3杯
   (または、すりおろした生姜に黒糖蜜を混ぜて使う)
e0296346_21261164.jpg


  <たれの材料>

   黒糖蜜・・・大さじ3杯半

   醤油・・・大さじ1杯半

   水・・・大さじ6杯

   片栗粉・・・小さじ1杯半

  <作り方>

 1)たれを作る・・・たれの材料を小鍋に入れて、混ぜながら中火にかけて

   とろ~りとしてきたら火を止める。
e0296346_21504789.jpg


 2)お団子の材料をボールに入れて手でこねる。

   *お豆腐は水分が様々なので、初めは3分の1くらいの量を入れて

     混ぜて様子を見ながら、耳たぶくらいの柔らかさにまとめる。
e0296346_21304266.jpg

 3)24等分にしたら、丸める。
e0296346_2132345.jpg

 4)お団子が沈むくらいのたっぷりのお湯が沸いたら3)を入れて

   浮いてきてから2分経ったらザルに上げて

   水分をかるく切ってから1)のたれにからめたら、できあがり~!


   自家製の生姜ジャムを加えたら、おいし~い!!

   米ぬか、豆腐入りでヘルシー!もちもち!(明日になっても、もちもち!)

   ハーブティーは、マリベリー(桑の葉)がいいね。



   マルベリー(桑の葉)ティー

   食前に飲むと食後の血糖値の上昇を抑制してくれる。

   葉緑素や鉄分、カルシウム、亜鉛などのミネラルを豊富に含んでいる。


   メディカルハーバルセラピスト ルミ姉



   米ぬか 

      玄米を精米する時にとれる胚芽(外側の皮部分)

      米ぬかに含まれている栄養素は 

      ビタミンB1、カルシウム、マグネシウム、食物繊維です。

      消化吸収や神経機能の働きを高めたり、

      抗酸化作用(老化防止)、女性ホルモンのバランス調整して

      生理痛や更年期障害などの症状を改善したり、

      便秘を予防したり、

      糖尿病や動脈硬化、高血圧、高脂血症を予防したり、

      新陳代謝を活発にして、冷え性やアレルギー性疾患

      (花粉症など)を防いだり、肌を若々しく保ったり、

      カルシウムの吸収を促進するビタミンDも入っていて

      骨や歯の元になって、骨粗鬆症を防いだりと・・・

      とっても働きものなのです。・・・j-medical.net参照   
 


   
    
   

   



   
[PR]
by teima-rumine-ne | 2012-09-29 22:00 | 7)末期ガン根治の美味しい食