ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

入院前からのネバネバ食

2011年6月下旬から7月初め

   腹水と胸水で胃腸が圧迫されて、お通じ力がかなり弱っていた。  

   一時は炒り玄米のおかゆを

   一日にスプーン2杯食べるのがやっとだったけど

   ショウガ湿布トリートメント

   そして友人たちの応援のおかげで

   通常の2割くらいは食べれるようになった。
 
   この時の食の中で特に身体の調子(胃腸の働き)を

   改善してくれた~!と実感したのが

   あらめだった。

     房州産 若あらめ
e0296346_16335346.jpg

   2005年に練馬区に引っ越して来てすぐから

   野菜つながりで知り合って

   ずっと親しくしていただいている

   フーミンさんとエイさんご夫婦が

   千葉県千倉に行くたびに買ってきてくれた。

   帰宅前に必ず寄ってくれて

   房総のお花やハーブといっしょに「お土産よ~」とくださった。

   いつもありがとうございます。

   1~2月の寒中に出る新芽を若あらめというそうで

   食物繊維カルシウムが豊富に含まれる。
e0296346_16575192.jpg

   乾燥あらめを20分くらい水に浸けたら水気を切って

   熱湯をかけてから包丁で細かく切って

   よくたたくと粘りが出てくる。
 

   夫が慣れない包丁を持ってトントントントンと

   毎日作ってくれた。

   これにカツオ節粉を混ぜたり

   卵とポン酢を混ぜたりして

   そのまま食べたり、玄米ごはんにかけて食べた。
e0296346_1701391.jpg

   おいしかった~。

   そうそう、お通じ力が戻ったのは

   あらめを食べ始めてから3日目からだった。

   ネバネバ食って、すごいな~。058.gif


   

   
[PR]
by teima-rumine-ne | 2011-12-07 16:30 | 1)ガンだとわかった時~入院まで