ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もちもち玄米ごはん

我が家の食の基本は玄米ごはん!

[PR]
by teima-rumine-ne | 2012-07-15 17:40 | 7)末期ガン根治の美味しい食

「るみ」から「ゆるみ」に変身!

夫婦で私のガンと向き合い始めてから一年が過ぎた今、

   「たった一年でここまで回復できるなんてね!」

   「あっという間のような10年間分ような一年だったね」

   「お互いに頑張ってきたよね」
というような話になった。

   まだ安心な状態ではないけれど

   少し肩の力を抜けたような気がする。

   でも大事なのは、これから!


   一年間、痛い!辛い!思いをさせてきた身体と心は

   予想以上にダメージを受けて、免疫力が落ちているので

   じっくりと時間をかけて癒しながらの養生が必要だと思う。

   そんなわけで改めて夫婦で養生生活を見直して

   力を合わせられるように話し合ってみた。

   これからは・・・

   *毎朝お互いに体調をチェックしよう。(顔色・目の開き・姿勢・歩き方など)

   *朝は話をしよう。(私は夜10時に寝るようにしているので朝の時間を大事に)

   *夫の食を元に戻そう。

   *私の体調、体力に合わせて家事を分担しよう。


    私は、この病気がわかってから体力がなくて料理ができなかったので

    夫は外食が多くなって玄米や野菜が不足してしまい

    疲れやすくなり、肌は荒れて、身体が重くなってしまった。

    (夫が健康なことが私の養生にとても大事!)

    今の私の体力では

    午前中に洗濯物干しウォーキングをすることで精一杯
なので

    朝食夫のお弁当作りは夫がやることになった。

    (養生中は無理なくできることはやって

    仕事を分担することが大事!)


    私の病気がわかる前は食べるだけだった夫が

    今は「今日はサラダのニンジンがちょっと太くなっちゃった!」

    なんて言いながら当たり前のように作ってくれて

    「おいしいね~」と言うと喜んでくれるようになった。

    特に自家製ショウガジャム入り豆乳ココアは

    職人のようにこだわった感じで作っている!

    以前までは私がやり過ぎちゃっていたのね~と思う今日この頃!(気づき)

    そうそう、最近は・・・

    夫に「今日はどうなふうに過ごしたの?」と聞かれたら

    「なんにもしなかったよ」と言えるようになった。

    夫は「そう、ゆっくりできてよかったね」と言う。

    「るみ」から「ゆるみ」に変身~~!! 

[PR]
by teima-rumine-ne | 2012-07-12 17:20 | 4)今の体調・心境 ・ 定期検査

歩きたくなるMBTウォーキング

和光市の樹林公園に行ってウォーキングしてきた。

ここのウォーキングコースの道は

少し弾力のある素材なので

足や身体への負担が少なくて

木々に囲まれているから少し涼しくていい感じ。
e0296346_17285660.jpg

私のウォーキングに大事な相棒は

MBTシューズ
e0296346_17294197.jpg

ちょうど一年前(2011年7月11日)に

卵巣ガン摘出の一度目の手術を受けて退院した後に

購入して履き始めた。

手術した部分に多少の痛みがあっても

抗がん剤の副作用で吐き気やだるさが残っていても

その時の体調に無理のない範囲で

毎日ウォーキングしたことで

驚きの体力回復だった!

一日一日、少しでも歩ける距離が長くなったり

足が軽く感じたりして

体力の回復を実感できると

気力が上がった!

MBTシューズに出会えてウォーキングができて

体力を戻せた
ので

3か月後に2回目の大手術

(子宮、卵巣全摘、その他悪性腫瘍摘出、リンパ節廓清)

を受けることができた。

ガンの治療を始めたら

身体が手術や抗がん剤治療の副作用に負けないように


体力気力をつけることが

とてもとても大事だと実感!


ウォーキングすると気分転換ができて

朝陽を浴びることで体内時計を整えることができて

身体を動かせば食欲が出て美味しく食べれるようになり

運動と共に胃腸も動くのでスッキリと排出(解毒)できて

気持ちいい疲労感で睡眠の質も上がる

といういい連鎖が起きた!

いいシューズに出会えてよかった。

(友人のイッキュウさんがMBTを紹介してくれた)

e0296346_17301685.jpg

このウォーキングコースは一周が1km!

一周歩いたら

ベンチに座ってひと休みするのを繰り返して

5kmも歩けた!
[PR]
by teima-rumine-ne | 2012-07-11 20:53 | 9)身体力を着ける楽しい運動

色鮮やかな夏野菜

梅雨らしい空だけど雨がやんだので畑に行ってきた。

   雨の後は土がゆるくなって雑草が抜きやすい。

   蒸し暑い中で雑草を抜くのは大変だけど黙々と無心になれる!

      トマトの畑
トマト畑.jpg

   キリッと咲く黄色いプチトマトの花
プチトマトの花.jpg

   ころっころ、かわいいプチトマト
プチトマト鈴生り.jpg

   透き通るように色鮮やかな夏野菜!

   見ているだけでも心も身体もきれいになる気がする。
プチトマト.jpg

   和紙を広げたような美しい紫色のナスの花
ナスの花.jpg

   ナスのあかちゃん「元気に大きくなってね~」
ナスの赤ちゃん.jpg

      力強い紫色!
ナスの大人.jpg

      夏の緑!肉厚なピーマン
ピーマン.jpg

   夏野菜たちは見ても食べても元気が出る!

   畑さん、ありがとう。

   
[PR]
by teima-rumine-ne | 2012-07-08 20:34 | 7)末期ガン根治の美味しい食

ガンと向き合う実体験を話す会

ついに念願が叶って

ガンと向き合う私の実体験を話せる機会をいただけた。


主な内容・・・

2011年5月に卵巣がん(ステージⅣ)とわかってからの

 身体と心の大きな変化や痛み

強烈なストレス

夫や友人たちの支え

患者として辛い現実の中で心が穏やかになった言葉

腹水、胸水、2度の手術、抗がん剤治療後の副作用

副作用を軽減した簡単なセルフケアや役に立ったグッズ

抗がん剤に負けない身体を作る美味しい食

                 歩きたくなるウォーキング

寝る前のイメージ療法

 (抗がん剤がガンをパクパク食べて体外に流れ出ていく)

いろいろある中で私の身体が選んだ療法

 (アロマテラピー、生姜湿布、光線、よもぎ温灸、

    熊笹エキス、漢方茶、トリートメントなど)

ガンが教えてくれたこと(気づき)

   

会場 : 恵比寿 13:00~16:00

今回の参加者 : セラピスト、セラピストの看護婦さんなど



2011年10月、

2度目の手術後の抗がん剤治療が終わって

身体が少し落ち着いた時、

病室にいらした主治医の先生に

「私はこの病気になった自分自身を

セラピストとして、じっくり見て行って

身体や心を回復させるために患者ができること、

身近な人ができること、

手術後や治療中でも楽にできる方法などを

いろいろ自分で試す中で見つけて

それをたくさんの人に伝えたいと思っています。

それが私の生きる力になると思います。」


というようなことを話した。

先生は「とてもいいと思います」「期待してますよ」と

言ってくださった。

自分にできることがあると思えたことが励みになって

治癒力を上げた気がする。

そして今日、それが現実になった!

なんだか夢を見ているようだった。

皆さんが熱心に聞いてくださって、うれしかった~!

共に私の病気と向き合ってくれている

夫や友人たちのおかげでここまで来れた!

夫が仕事から帰宅してすぐに

今日のことを話して乾杯した。

身体のためにノンアルコールビールだったけど

美味しかった!(うれし泣き)

夫は「応援してくれている人たちのおかげだね。

願いが叶い始めてよかったね。うれしいね~!」と言った。


今後も身体と心に優しい生活をしながら

こういう会を続けて生きたい。
[PR]
by teima-rumine-ne | 2012-07-01 19:50 | 13)夫や友人のサポート・学び他