ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:3)手術前後に必要なセルフケア( 2 )

辛い時は泣いたらいいさぁ

辛い時はいっぱい泣いたらいいよ

泣き終わったら

お日さまを浴びてごらん

ほーら、心に虹がかかった

癌という病気が私にくれたメッセージ



幼い頃から泣くと叩かれ

「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」と言われ

泣くことは悪いことだと思ってしまい

大人になっても我慢体質が抜けず

いつのまにか自分で自分を縛っていた

そう、縛っているのは自分だということに

なかなか気づけなかった


癌ちゃんのおかげで私は自分の心を解放できた

ありがとう


Aromatherapy

心の解放時に芳香した精油

 スガンダコキラ

 アンバー(琥珀)

 ケワダ(アダン)


実感した精油 : フィトアロマ研究所より購入
http://phytoaroma.ocnk.net/

スガンダコキラ
学名 : Cinnamomum cecidophahne
科名 : クスノキ科
原産地 : ネパール
抽出部位 : 液果
抽出方法 : 水蒸気蒸留
禁忌 : 幼児、子供、妊産婦不可
皮膚刺激あり(十分希釈)

アンバー(琥珀)
学名 : Pinus succinefera fossil
科名 : ヒノキ科
原産地 : ヨーロッパ
抽出部位 : 化石樹脂
抽出方法 : 乾溜

ケワダ(沖縄名 アダン)
学名 : Pandanus odoratissimus Syn. P. tectorius
和名 : アダン
科名 : タコノキ科タコノキ属
原産地 : インド
抽出部位 : 花
抽出方法 : 溶剤抽出

[PR]
by teima-rumine-ne | 2014-03-22 12:27 | 3)手術前後に必要なセルフケア | Comments(0)

手術前日・当日のアロマテラピー

2011年7月10日(手術前日)

   家から持って行った12種類の精油を香って

   手術の前夜と当日に使いたい香りを選んだ。

   フランキンセンス?柚子?ローズウッド?プライ?ヘリクリサム?

   ヒマラヤスギ?パロサント?モミの木?スパイクナード?月桃?

   ネロリ?
う~ん、違う!

   なんと唯一、私の心身に染み入ってきて

   「うわ~~気持ちいい!これだわ~!」と感じたのが

   カシミール産のラベンダーだった!058.gif

   香りと共にたっぷりの酸素が入ってきて頭がすっきりして

   強張った身体が緩んで伸び、とても落ち着いてきた!

   精油が決まって、ほっとした。
  

   夕食後に看護婦さんがいらして

   「明日が手術だと緊張して眠れなかったりするので

    眠剤を持ってきましょうか?」
と言ってくれたけど

   ラベンダーで眠れる気がしたので薬は頼まなかった。

   10:00pm消灯なので9:30pmくらいに

   ティッシュに一滴のラベンダー精油を着けて枕元のタオルの下に入れた。

   10:00pmに看護婦さんが「眠れそうですか?」と心配して来てくれた。

   私はウトウトしながら「はい、大丈夫そうです~」と言って

   まもなく寝てしまった!(ぐっすり眠れた!!)


手術当日(2011年7月11日)

   友人たちや主治医の先生、看護婦さんたち、

   同じ病棟の患者さんたちの優しい励ましのおかげで
  
   手術を直前にして緊張することもなく

   不思議なくらい穏やかな気分だった。

   手術着に着替えて、ストレッチャーに乗る少し前に

   ティッシュにラベンダーの精油を1滴つけて

   フ~~~っと息を吐いてから、ゆっくりと香り始めた。

   そのティッシュを右手に持って

   ストレッチャーに乗って横になった。

   看護師さんが笑顔でストレッチャーを押してくれて

   夫もいっしょに

   8階の病室から地下の手術室に向かった。

   エレベーターの中で、ほのかなラベンダーの香りに気づいたようで

   「いい香り~」「ほんと、いい香りですね~」

   夫や看護婦さんたちも穏やかないい笑顔になって、うれしかった。

   もしラベンダーの香りがなかったら、8階から地下までが長く感じて

   夫婦ともに緊張感が高まっただろうな~。

   そう、緊張すると手が冷たくなるけど、この時は温かかった!

   手術室前で「ルミ、がんばってね~」と夫に見送られた。

   私は「はーい」と手を振った。

   手術室に入り(10:00am)

   全身麻酔を受けてから数分後に名前を呼ばれたので

   目をゆっくり開けたら

   「手術が終わりましたよ~」と言われた!(2:30pm)

   数分ではなくて4時間半が過ぎていた!!!

   ラベンダー精油のおかげもあり

   ストレスなく手術を受けることができた。

   

   私が愛用しているラベンダー精油(カシミール産)は
   フィトアロマ研究所の通販で購入しました。
   http://phytoaroma.ocnk.net/product/61 
   カシミール地方(ヒマラヤ山麓)で生まれ育った
   雄大な自然の生きる力を持つ精油だと思う。   



   今回の手術では左右の卵巣と右側の卵管のみを

   摘出したそうで

   左側の卵管と子宮そして

   卵巣から飛び出てお腹に散らばっているガンちゃんたちは

   固く着いていたため取りづらかったので

   抗がん剤治療で緩めてから再度手術を受けることになった。

   手術で開腹した時には

   なんと噴水のように腹水が出たそうだ!(2リットルも!)

   ということは腹水と胸水で合計4リットルも抱えていた!!


   この手術後に夫は主治医の先生から

   「もう長くない」と言われていたそうだ!!


   (この時点では、かなり厳しい状況だったのよね~)

   手術日には夫を疲れさせるだけだと思って

   来ないでほしいことをていねいにお願いしていた母が来ていて

   予想通り、夫は母の愚痴を4時間半聞かされていた。

   そして夫が不安に思っていたことが起きた。

   手術室から病室(個室)に戻った私に母はいきなり

   「若いのに残念ですね~って先生に言われちゃったわよ」と言った!

   (「出た~、宇宙人!」と思うしかない。いつものこととはいえ辛かった。

     悪気は全くない母だけど・・・。)

   母が帰るとすぐに夫にお願いして

   ラベンダー精油を酸素マスクに寄せて香らせてもらった。

   (母のことは、すぐに私の感情からクリーニングした。)

   咳と痰がひどく出てつらかった。

   夫は面会時間ぎりぎりまでそばにいてくれた。




  
[PR]
by teima-rumine-ne | 2011-12-26 14:32 | 3)手術前後に必要なセルフケア | Comments(0)