ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2)入院~最初の手術まで( 2 )

手術前に胸水を抜いた

OZ先生が病室にいらして

   「やっぱり手術前に胸水を抜いておこう~」

   とおっしゃった。

   私は思わず「胸に管を入れるなんて怖いですね~!」

   と言ってしまったけど、

   私の身体は、この時すでに

   腹水と胸水で悲鳴をあげていて

   食事はわずかしか食べれなかったし

   呼吸も苦しくて限界ぎりぎりだった。


   もし、この日に胸水を抜かなかったら

   手術を受ける体力も気力もなかったと思う。

   車椅子で処置室に行って

   呼吸器内科の医師により

   局部麻酔をして胸水を抜く処置が始まった。

   右の肩甲骨の下辺りにから直径1センチくらいの

   透明の管をねじりながら入れていた。

   力が要るようで先生は汗だくだった!

   そして管が胸水をキャッチすると

   ものすごい勢いで私の身体から流れ出始めた!

   なんと2リットルも出た!


   これだけの水が胸を圧迫していたんだから

   呼吸は苦しいし、胃もほとんど動けないから

   食べれなくなるし、重かったわけだ!

   処置室から病室に戻ると

   同室の皆さんが「お帰り~」と言ってくれた。ほっとした。

   胸水を抜いたことで

   呼吸が少し楽になり、食べれるようになった。

   食べれることで気力も上がった。

   よ~し、少しでも体力をつけて

   いい手術をしてもらえるようにしようと思った。


   
[PR]
by teima-rumine-ne | 2011-12-19 15:45 | 2)入院~最初の手術まで

入院(2011、7月4日)

2011、7月4日 TK病院婦人科病棟に入院した。

   病室(4人部屋)はとてもきれいで落ち着ける感じがして

   ほっとした。   

   早速に検査が始まった。

   私は腹水と胸水で歩くことも辛かったので

   病室から各検査室までの往復は車椅子で

   送り迎えしていただいた。

   *車椅子での院内移動専任のスタッフの方がいらして

     笑顔で感じよく病室と検査室の往復を運んでくださった!


   夕方過ぎに主治医のOZ先生とFS先生から

   一週間後の手術の説明を受けた。

   ステージ4で体力も落ちていたので

   リスクがかなり大きい手術になるということは

   ある程度覚悟していたけど

   私自身の予想をはるかに超えた

   手術のリスクや病状の話
だったので

   最後まで平常心では聞けなかった!

   患者には、とても辛いことだとわかっていても

   医師として伝えなければならないのだろうな~と思いながらも

   限界を超えてしまい涙があふれ出た!

   OZ先生に「説明を聞くのは、ひとりで大丈夫ですか?」と

   聞かれた時に、夫は会議で来れないとわかっていたので

   「大丈夫です」と言ったけど大丈夫じゃなかった。

   OZ先生は私の気持ちを考えてなのか、

   看護師さんもいっしょに説明の場に同席してもらえていた。

   説明が終わって病室に戻ると緊張が解けて

   ますます涙が出てきた!うわ~、どうしよう!

   涙が止まらなかった!

   すると同室の一か月前に手術を受けたマユさんが来てくれて

   私の背中を優しくさすりながら

   「手術前の説明は辛いですよね~、頑張りましたね~、

    大丈夫よ~」と言ってくれた。


   うれしかった~。

   15分ほど後だったか、

   説明を聞く時にいっしょにいてくださった看護師さんと

   女医のFS先生が病室にいらして

   「大丈夫ですか~?ごめんなさいね~、あの説明を聞くのは

    辛いですよね~」
と言ってくださって

   私が「いいえ、私のキャパが小さくて・・・」と言ったら

   「いえいえ、キャパが大きい!と思いました。

    いっしょに頑張りましょうね」
と話してくれた。

   そして、その後すぐにOZ先生も心配そうにいらして

   「ルミちゃん、さっきは泣かせちゃってゴメンネ~」

   元気づけようとばかりに明るく気さくな感じでいらしてくれた。

   先生や看護師さん、同じ痛みを持つ患者さんたち

   の優しさで心が温かくなった。


   この日の検査の結果・・・

   血栓による危険性が非常に高いということで

   血栓予防に足指の付け根から腿の付け根までの

   弾性タイツをずっと履いているように指示があった。

[PR]
by teima-rumine-ne | 2011-12-18 15:06 | 2)入院~最初の手術まで