ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

癌の治療は夫婦の決断から始まった

2011年6月に卵巣癌のステージⅣ

診断されてから10日ほど過ぎた時に

夫婦でお互いの気持ちを確かめ合った。

とても冷静にはなれない日々だったけど

その日のその時だけは

少し集中して考えられた。

もちろん、なんとしても治したいと思うけど

治らない状況なのかもしれない!

私がいなくなったら夫はどうなるの?

今の私たちは何をしたらいいの?

何を優先したらいいの?

とふたりで考えた。

そして決断した。

病気はいっしょに治そう!

きっと辛くなることがあるけど

我慢したり隠れて泣いたりせずに

いっしょに泣こう!

友人たちにサポートをお願いしよう!

辛い時には話を聞いてもらおう!

癌ということで

周りが大騒ぎになっているけど

大騒ぎをそのまま受け入れると

夫婦ともに疲れて身体力を落としてしまうから

この病気を乗り越える自分たちに

本当に必要だと感じることだけを

受け入れるようにしよう!

断る勇気を持とう!


夫の仕事については・・・

会社側に相談して

管理職から一般職にしていただいて

術後に私の体調が安定するまでの間は

休職させていただけた!(会社に感謝)

夫にとっても大きな決断だったと思うけど

今は「あの時にいい決断ができて

よかったよね~」と話している。
e0296346_160684.jpg

あの時に

お互いに最も大事で優先したいことは

同じであることを確認できて

ずっと

気持ちを合わせてこれたことが

今日につながっている!

夫とダブルスを組めてよかった。
[PR]
by teima-rumine-ne | 2013-03-20 16:20 | 13)夫や友人のサポート・学び他