ルミ姉の手作り食と癒し

teimarru.exblog.jp
ブログトップ

ガンと向き合う実体験を話す会

ついに念願が叶って

ガンと向き合う私の実体験を話せる機会をいただけた。


主な内容・・・

2011年5月に卵巣がん(ステージⅣ)とわかってからの

 身体と心の大きな変化や痛み

強烈なストレス

夫や友人たちの支え

患者として辛い現実の中で心が穏やかになった言葉

腹水、胸水、2度の手術、抗がん剤治療後の副作用

副作用を軽減した簡単なセルフケアや役に立ったグッズ

抗がん剤に負けない身体を作る美味しい食

                 歩きたくなるウォーキング

寝る前のイメージ療法

 (抗がん剤がガンをパクパク食べて体外に流れ出ていく)

いろいろある中で私の身体が選んだ療法

 (アロマテラピー、生姜湿布、光線、よもぎ温灸、

    熊笹エキス、漢方茶、トリートメントなど)

ガンが教えてくれたこと(気づき)

   

会場 : 恵比寿 13:00~16:00

今回の参加者 : セラピスト、セラピストの看護婦さんなど



2011年10月、

2度目の手術後の抗がん剤治療が終わって

身体が少し落ち着いた時、

病室にいらした主治医の先生に

「私はこの病気になった自分自身を

セラピストとして、じっくり見て行って

身体や心を回復させるために患者ができること、

身近な人ができること、

手術後や治療中でも楽にできる方法などを

いろいろ自分で試す中で見つけて

それをたくさんの人に伝えたいと思っています。

それが私の生きる力になると思います。」


というようなことを話した。

先生は「とてもいいと思います」「期待してますよ」と

言ってくださった。

自分にできることがあると思えたことが励みになって

治癒力を上げた気がする。

そして今日、それが現実になった!

なんだか夢を見ているようだった。

皆さんが熱心に聞いてくださって、うれしかった~!

共に私の病気と向き合ってくれている

夫や友人たちのおかげでここまで来れた!

夫が仕事から帰宅してすぐに

今日のことを話して乾杯した。

身体のためにノンアルコールビールだったけど

美味しかった!(うれし泣き)

夫は「応援してくれている人たちのおかげだね。

願いが叶い始めてよかったね。うれしいね~!」と言った。


今後も身体と心に優しい生活をしながら

こういう会を続けて生きたい。
[PR]
by teima-rumine-ne | 2012-07-01 19:50 | 13)夫や友人のサポート・学び他